当院のインプラント

インプラント治療とは

インプラント治療とは、歯を失ってしまった部分の顎の骨にチタン製の人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上にセラミック製の人工歯を装着することで、機能を回復させる治療です。

チタンはとても身体にやさしい素材であり、顎の骨にしっかりと結合するため、天然歯と変わりない咬み心地が手に入ります。また人工歯にはセラミックを使用するため、見た目も違和感なく、自然に美しく仕上がります。機能性・審美性ともに優れたインプラントは、近年大変注目されている補綴治療なのです。

インプラントのメリット

  • 天然歯とほとんど変わらない噛み心地が手に入る
  • 見た目が自然で美しい
  • 周囲の健康な歯に負担をかけない
  • 咬む力が顎の骨にしっかりと伝わるため、顎の骨がやせにくい

インプラントのデメリット

  • 外科手術が必要
  • 自費診療のため費用が高い
  • 治療期間が長い

噛む喜びを再び実感できる様になります

顎の骨にインプラント(人工歯根)を外科手術で埋め込んで、その上にセラミック製のクラウン(被せ物)や特殊な入れ歯を装着して歯の機能を回復するのがインプラント治療です。生体親和性の高いチタン製のインプラントが顎の骨にしっかり結合するので、自分の歯に近い咬み心地が得られます。自然な見た目に仕上げられるので、ほかの人に治療した歯だとほとんど気づかれません。

インプラントで大事な3つのポイント

Point 01
オリジナルの歯の形を再現している

オリジナルの歯の形を再現している

小臼歯や大臼歯には山や谷、溝があります。この形状によって食べ物を咬み砕くのです。咬合面が平らだとしっかり咬めません。

Point 02
隙間なくしっかり噛み合っている

隙間なくしっかり噛み合っている

上下の歯の咬合面において山と谷の中で、3点で接触するのが理想です。そうすると食べ物を砕きやすくなります。

Point 03
咬合面の深さが均一である

咬合面の深さが均一である

顎は前後左右に動きますので、左右の咬合平面(咬合面を連ねた平面)の高さが合っていることが大切です。

健歯会のインプラント治療の特徴

インプラント治療は外科手術をともなう治療法ですので、身体にある程度の負担がかかります。
成功させるためには精密な診断と治療プランが欠かせません。
当院ではインプラント治療を成功させるためにさまざまな工夫をしています。

年間1000本のインプラント治療の実績と症例数

年間1000本のインプラント治療の実績と症例数

当院は年間に200本ものインプラント治療を行っており、インプラント治療における経験と実績があり、難症例にも対応できる技術力があります。安心して治療をお受けいただけます。

患者様に感動を与えるための、絶え間ない努力

患者様に感動を与えるための、絶え間ない努力

何よりもお客様に健歯会で治療してよかったと思っていただけるように、技術と知識の向上に日々取り組み、お客様満足度の地域ナンバーワンを目指しています。月に1度、院内で技術力向上セミナー、試験を開催して常に歯科医師の技術レベルの計測と改善を実施しています。